2017年01月20日

ウエディングドレスのはじまり

皆さん、こんばんは☽
いつもL’AUBE(ローブ)スタッフブログをご覧いただき
誠にありがとうございます♪



ところで皆さんはなぜウエディングドレスが純白なのか
疑問に思ったことはございますか?


純白のウエディングドレスを広めたのは
約170年前のイギリス王妃ヴィクトリア女王の結婚式が
きっかけだったと言われています。

当時、王族の結婚式の中で主流だった金銀の糸で
刺繍された豪華なカラードレスとはガラリと雰囲気の違う、
白いシンプルなシルクサテンのドレスを選んだヴィクトリア女王。


この結婚式の光景が、新しいロイヤルファミリー誕生のニュースとともに
新聞や雑誌などに大きく取り上げられ、ヨーロッパ中の話題にとなり
ヴィクトリア女王の幸せいっぱいに満ちた“白いウエディングドレス姿”が、当時の女性たちの憧れの的となったのです。

このヴィクトリア女王の風潮が“純真無垢”をイメージさせる
白いドレスのイメージとぴったり重なり、
より多くの人たちに受け入れられ象徴的になっていきました。

そしてまた、技術力が向上して、レースやシルクなどが安く
大量生産できるようになったことに後押しされて、
次第に結婚式で白いドレスを着ることが一般的になっていった
そうです。


今となっては定番となった純白のウエディングドレスですが
古い歴史があってこそなんですね(^▽^)


皆さんもそんな時代の背景を思い浮かべて
ウエディングドレスを選んでみてはいかがでしょうか♪






Posted by L'AUBE(ローブ) at 21:59│Comments(0)
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。